マスカレード【恐怖!BLゲーム】姫原がビキニパンツ男にくちゅくちゅと凌辱されちゃう【エロシーン】

今夜もスマホでこっそりマスカレードをプレイ中♪早くヒロシ君の悶える姿見たくてワクワクしちゃっている私です(//∇//)
44「中間試験の問題用紙盗ってこいよ」
今日も姫原に無理難題を強いられて、仕方なく夜中の学校へ忍び込むことになったヒロシ君。
45「解ったよ。盗って来れば、いいんだろ」
姫原が自分にばかり辛く当たるもんだから、つい売り言葉に買い言葉でカッとなってこう言ってしまったヒロシ君なのだけど、実は本当は姫原のことが嫌いなわけじゃなくて・・・でも、そんな事を姫原に知られたら気持ち悪がられるだろうななんて思ったりもして。複雑なオトコ心なんです♡
46「姫原にとって僕は、どこででも使える都合のいい道具でしかないんだ。彼女とは全然別のおもちゃとか――ふぅ」
こんな風に夕陽を見ながら、天文部の部活をサボってたそがれたりして・・・・。
そこへ、天文部部長の八王子進が心配して今夜の屋上での観測会へ誘ってくれた。
47「もし良かったら、君も一緒に見ないかと思って」
「え!僕もいいんですか?あ・・・すみません・・・今日は、用事があるのを忘れていました・・・・あ、でも、もしかしたら行けるかもしれない、んですけど――」

それにしてもこの八王子進君、高校生とは思えない落ちつきっぷりにまるで先生かと思っちゃった。そういえば、微妙に絵が昔風?っていうか正統派?っていうの?イマドキとはちょっと違うよね。そんなところもチャラくなくて好きだけど。

そして夜になり、ヒロシ君は学校へ忍び込む。こんな時に限ってスムーズに忍び込むことができ、見つかるはずもないと思っていた中間試験の問題用紙すらもあっという間に見つけ出してしまった。
48「こんな事、しちゃいけない事だし。どうしよう・・・・やっぱり返してこようかな・・・」
悩んでいると、どこからか微かに人の声が聞こえたような気がして、そっとその方向へ確かめに行ってみると見たことのない男がビキニパンツ姿で姫原と話していた。
50「僕ねえ、あのねえ、知っでるよ。だって横を通ったんだ。君とねえ、もう1人の子もいた。何してたのかも知ってるよ」
「――もしもし、警察ですか?今不審人物を見つけたんですけど――っく。離、せよ変態!――携帯返せ、くそ!」
51「何、すんだよ!頭おかしいんじゃないのか!?」
「どうして?気持ちのいい事だよ。」
男はこれからする事を教えるかのように、ねっとりとした手つきで姫原の体を撫でまわした。
「怖くないよ。大丈夫。君もやってたでしょ?」
制服のズボンの上から柔らかく股間を揉み、必死で抗う姫原の動きは見かけ以上に力のある男の手によって封じられた。
52「ふ、ざけんなよ、吐きそうだ――っ。よせっ、っく、ぅっ、んあっ」
「そうなの?でもさ、なんでここ硬くなるの?」
男は何度も何度も指先で姫原の段々と変化するソコを辿っていく。
「わあ、すごいなあ。ねえねえ、どんどん大きくなってくるよ」
姫原の頬が染まり、苦痛の表情が次第に艶めいたものに変化する。
袋を揉み、形を浮かび上がらせているものを擦りあげると、姫原は抵抗するのも忘れ、体を大きくびくつかせた。
53「はあっ!あ、ぁ・・・ぅあ、ああっ――、く・・・ぅ、うぅッツ――く、くぅぅ、ぁああッ!」
「ここ、好きなんだね。ピクピクってしたよ」

この後も男に凌辱され続けた姫原のソコは、待ち望んでいるかのようにジワジワと先走りを滲ませていた。そして男はとうとう尻の割れ目に硬いものを擦りつけた――。
ヒロシ君はと言うと・・・・
54「お、思わず逃げちゃったけど、姫原は大丈夫だったかな・・・・」

ヒロシ君ったらしっかりエッチな所覗き見しておきながら逃げちゃうなんて、やっぱりヘタレですね(*^m^*)
55わっ!ビキニパンツ、追いかけて来たっ!マスカレード、怖すぎっ!
29 知ってた!?コミックもあるんです♡「地獄学園ソドム~マスカレード

本日のHなおまけ♡無料サンプル動画「Sweets 02 SORA


♡「Sweets 02 SORA」つづきはこちらからね♡

関連記事

イチオシ!TLコミック

[コミックシーモア]【TL】君が好きだから

1巻10円で読める!

[コミックシーモア]【2月】【TL】イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク【縦読み/1巻10円】

ランキング参加中♪ポチして頂けると嬉しいなっ

【18禁】乙女ゲー・攻略ブログiPhone・攻略ブログ無料ゲーム・攻略ブログ
ページ上部へ戻る