女王の鳥籠 【ネタバレ】カグヤに指を出し入れされ、ぬちゃぬちゃと音が響きわたり・・・【ロイヤルストーリー】

ある日、仮面舞踏会で着るドレスをカグヤが選んでくれることになって・・・
85
「ちょっと試しに着てみろ」
カグヤが強引に押し付けてきたドレスは丈の短いブルーのドレス。どうやら、町で買ったショートパンツ姿が忘れられないようです♡ここで、ノブレス・オブリージュの発生ですよ。
86
甘くてエッチで刺激的なロイヤルストーリーを読むためには「ブルー・デイライトセット」が必要です。ノーマルストーリーへ進むには「パパラチア」が必要ですよ。私はもちろんエッチなストーリーが読みたいので、「ブルー・デイライトセット」を所持銀貨で購入しますよ。銀貨は6000必要です。さっそくお着替えさせてみました♪
87
なかなかエロ可愛ですね。カグヤがまたもやコーフンしちゃう姿が想像できます(//∇//)
88
「ああ、やっぱりよく似合うな」
カグヤのこの満足気な顔を見てっ(笑)
カグヤは私を後ろから抱き締め、あらわになった太腿に触れてくる。手のひらでゆっくり撫でられた後、お尻の肉を揉みしだかれた。まるで胸を揉むようにお尻にさわられると、変な気分になってしまう・・・あーっ!!コレ、わかりませんかー?お尻モミモミされると気持ちいいですよね(//∇//)私だけかな??ハズカシ
下着の上から割れ目を押されて、恥ずかしいことをいっぱい言われる・・・
90
「ほら、じわって滲んできた。どうする?このまま上からさわり続けるか?」
やーん、カグヤったら本当にイジワルですね。次々エッチな言葉を言わされまくり・・・割れ目をゆるゆると撫でていたカグヤの指が差し込まれてきた。
「すごいな、飲み込んでいく。見てみろ」
91
私のそこが少しずつカグヤの指を飲み込んでいくところを見せられて――
「やぁっ、はずかし・・・・っ」
耳元で囁きながら、カグヤが差し込んでいた指を抜き差しして、二本目の指が膣内を掻き回した。
92
「もう一本入りそうだな」
三本目に増やされた指が出入りを繰り返し、指が動くたびに濡れたそこからぬちゃぬちゃといやらしい音が響きわたった・・・
この後は、あまりの可愛さに堪えきれなくなったカグヤに、バックからおもいっきり突かれたのでした♡

うっわー。今回のロイヤルストーリー、めっちゃエッチでした♡ここまで一度も課金せずに無課金でストーリーを読めています♡なんて良心的なのかしら♪しかも、このロイヤルストーリーのカグヤの顔、普段よりカッコイイですよね?惚れちゃいます♡女王の鳥籠~蜜夜の契約~、まだプレイしていない方はぜひ試してみてくださいね♡きっとハマること間違いありませんよー。
7.今すぐプレイ赤

関連記事

イチオシ!TLコミック

[コミックシーモア]【TL】君が好きだから

1巻10円で読める!

[コミックシーモア]【2月】【TL】イジメラレ体質~お見合い相手の太い指でイ…ク【縦読み/1巻10円】

ランキング参加中♪ポチして頂けると嬉しいなっ

【18禁】乙女ゲー・攻略ブログiPhone・攻略ブログ無料ゲーム・攻略ブログ
ページ上部へ戻る